Welcome

安全への取組

弊社は、輸送の安全確保のため安全最優先・法令遵守・継続的改善を社員一丸となって取り組んで参ります。

 

【輸送の安全に関する基本方針】

 1.社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
   また、現場の声に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。

 2.輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、
   社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

 

【輸送の安全に関する重点施策】

 1.全社員に輸送の安全が最も重要であるという認識を徹底し、関係法令及び安全規程に定められた事項を遵守いたします。

 2.輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。

 3.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を共有いたします。

 4.輸送の安全に関する教育・研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします。

 5.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。

 

【平成28年度 輸送の安全に関する目標】

 重大事故 ゼロ! 有責事故 ゼロ! 自損事故 ゼロ!

 ~平成28年度実績~

 重大事故、人身事故、車内事故、交通違反、車両故障 0件

 

【事故統計(自動車事故報告規則規程第2条に規定する事故)】

 平成27年度件数 0件、 平成28年度件数 0件

 

【目標達成のための取り組み】

 1.乗務員研修の計画的実施:安全目標を達成するため教育及び研修について年間計画を作成し、実施いたします。

  ①安全講習会 ②新任運転手研修 ③適性診断の活用 ④外部研修の活用

 2.管理者研修

  ① 運行管理者及び補助者、整備管理者に運輸規則等に定められた研修を計画的に受講させます。
  ② 管理職・運行管理者の安全に対する意識の向上を図るため、運輸安全マネジメントに関する講習会へ積極的に参加させます。

 3.乗務員の健康管理

 4.飲酒運転撲滅のためのアルコールチェッカーを使用した厳正な始業・終業点呼の実施

 5.車両の点検整備

   :乗務員による日常点検の実施及びグループ会社の整備工場において法定点検を確実に実施いたします。

 6.デジタルタコメーター・ドライブレコーダーの活用

 7.乗務員の運転記録証明書の発行と教育への活用

 8.ヒヤリハット集の活用

 

【安全性能の高い車両の積極的かつ効率的な導入】

 ASV(衝突被害軽減ブレーキ・ふらつき注意喚起装置など)搭載車両を積極的に導入しております。

 平成28年度 新車導入実績 平成28年6月:大型バス(いすゞ社製)    2台導入

                   8月:大型バス(いすゞ社製)    2台導入

                  11月:大型バス(三菱ふそう社製)  2台導入

                      中型バス(いすゞ社製)    1台導入

               平成29年5月:中型バス(三菱ふそう社製)  1台導入

                    6月:大型バス(いすゞ社製)    1台導入

 

【輸送の安全の確保に必要な設備の導入】

 車両のみならず、ドライブレコーダーの画像活用による研修内容の向上や携帯用アルコールチェッカーの携行の徹底による酒気帯び運転の根絶など
 安全運行管理機器は旅客自動車運送事業において大きな役割を担っています。
 ”人”と”機器”の上手な組み合わせによって、より厳正な安全管理を実現すべく安全運行管理機器の導入を計画的に実現してまいります。

 

 

交通被害に遭われた方やそのご家族への支援計画を策定いたしました。 

被害者支援P1.png

被害者支援P2.png

被害者支援P3.png

被害者支援P4.png